骨盤の歪みの真実!放置しているあなたは要注意!

骨盤が歪むとその上にのっている背骨が「Sの字」に湾曲したり「くの字」

「ノの字」になったりします

人体を家に例えると歪んだ土台の上に柱を立てるようなものです。

そして背骨が曲がるとまず、その付け根の部分で様々な腰痛を起こします。

次に下肢、上肢と広がっていきます。

下肢にいくと坐骨神経痛、膝関節痛、椎間板ヘルニアなど

上肢では側湾症、肩こり、やがて首の骨が歪み首痛、そして頭部への血行

が阻害されて偏頭痛や視力障害などを起こします。

kotubann.jpg                          kotuban4.jpg

 

すなわちすべての不調の根源は人体の要である骨盤にあります。

いつも健康である為には骨盤を正しくし、全身の骨格を調整しておくことが

最も大事なことです。

 

 

それではなぜ骨盤がゆがむか?

 

 

色々な要因がありますが一番多いのが日頃の姿勢の悪さです

例えばこんな姿勢していませんか?

 

@足を組んで座ってませんか?

 

A横座りをしてませんか?

 

B高枕をしてませんか?

 

Cうつ伏せで読書をしていませんか?

 

D立て肘をしてテレビをみていませんか?

 

E椅子に浅く座っていませんか?

 

Fアヒル座りをしてませんか?

 

 

気持ちは楽でも身体は嫌がっていますよ!

これらが歪みの原因です。(*^_^*)

 

 

骨盤の状態のチェック法

 

 

@階段の昇り降りで足が重く、すぐつまづきそうになる。又歩く歩幅が違う

歩き方は普通だが、よく見ると左右の歩幅が違っている。こういう歩き方をする

人は足のうごこしかたの速さも左右で違ってくる。

これは、歩幅の狭いほうの骨盤が異常を来たしている。

 

 

A椅子に座った時足を組まないとツライ

例えば右の骨盤に異常があれば右側に体重が乗せられない。だから悪い方の右足を浮かせて左に組む。

いつも浮かせる方の足の骨盤がずれていますのでたとえ痛みがなくても要注意です。

 

B仰向きで寝ると痛いので横向きで寝る

これはかなり重症です。骨盤がかなり変形しています。

人間の骨格は仰向きに寝ると背骨が床面に対して一定の角度を保って斜めに

なることが正常です。

ところが骨盤が変形していると正常位が保てない。床面に対して平らになってしまうので人間が寝たときにかかる重量が骨盤を圧迫して激痛を発する。

横になると背骨の角度に関係がなくなるので楽なのです。

早めの治療をおすすめします。

 

C同じ姿勢でじっとしているのがツライ

 

骨盤の状態が良い人は姿勢よく座るほうが座り心地がいい、人間は本来背筋をまっすぐ伸ばして正しい姿勢でいるのが一番おさまりのよい姿勢です。

しかし、骨盤に異常をきたすと、すぐ椅子の背によりかかったり、姿勢をくづしたくなります。思いあたる人は要注意ですよ!

 

Dくしゃみをすると痛い

くしゃみをすると風速40メートルの負担が気管にかかります。くしゃみは下腹部力が入らないと押し出せないから骨盤がずれていると腰にギクッと来る。

 

E寝返りをうった際激痛がはしる

これも骨盤がかなり歪んでいます。

また、股関節にも異常をきたしています。

 

 

骨盤を正しくして身体が変わると

人生がもっと素敵に変わりますよ!

(*^_^*)